雪の節分

毎日ほんとうに寒いです。 昨夜は雨音を聞きながら眠ったのに、朝起きたら一面にうっすらと雪。 とはいっても、湿った重い雪で昼前には消えてしまいました。 地面がじっとりして、さらに骨にしみるような底冷えを助長しただけのような雪で、つまんないなあ。

2.3雪の大文字

2月2日と3日は節分の行事があちこちの神社やお寺であるので、どこか見に行こうかと考えていたのに、結局は寒さと花粉に負けて家でうだうだ過ごしました。 こういうときは本にも集中できず、なにやらぼんやりしているばかり。 どうせだらだらしているのならと、きものの着付けの自主練をすることに。 毎週1回は着ようと決めていたのに、ふと気づくと10日ほど間があいていました。 今日はまた違う母のきものを引っぱり出して、名古屋帯と袋帯の2パターンを練習。 ああ、やっぱり間隔があくと忘れちゃう(汗)。 今日は地味なえび茶色のきものに、黄色の派手でアンティークな柄行の帯と、臙脂色でモダンな柄の帯。 地味な臙脂の帯を締めたときの方が似合ってました。 年相応で(笑)。 どちらの帯も柄の配置の仕方や長さが現代のものと違っていて、ちゃんと締めるのに四苦八苦。 昔の帯って規格が一定でなかったんですねえ。 昔の日本女性はどんな帯でもスルスルッと巻けたんでしょうか。 日常に来ていた人のレベルに、一朝一夕で追いつこうと考えること自体が身の程知らず。 でも、自分自身を着せ替え人形みたいにして遊ぶのも、それなりに楽しいです。 で、気がつくともう日が暮れていて…一日なにしてたんだろ?


2.3雪とメジロ

雪が降ったらエサがみつかりにくいだろうと思って、朝食で食べたリンゴのヘタをさしておいたら、すぐにメジロのカップルが来ました。 どこで見てるんだろう? リンゴに夢中なこのメジロ、真ん丸でかわいい。 くちばしの先にリンゴが付いてるよ。

■Tさん、拍手をありがとうございます。
身近に小鳥が好きな木があると、それだけでなんとなく楽しいですよね。 鳥って実際に来ているのは一瞬ですけど、かわいい姿を目にするとトクした気分になります。
Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する