庭仕事

今日も最高気温が18℃だったとか。 桜が咲いているときでも、もう少し肌寒い気がします。 このまま暖かい日が続くと、どうなっちゃうんだろう?と心配なほど暖かいです。 昨日の激しい雨の後、庭はいっそう春めいてきました。 鳥のフンで庭のあちこちに勝手に生えてくるシュロや万両、増えすぎてしまうリュウノヒゲを間引いて回りました。 ゴミ袋が破れないように枝をひたすら細かく切ったり、うろうろしているだけでアッという間に時間が過ぎてしまいました。 たっぷり花粉を浴びて、肌が痒くなってきたところで終了。

3.15蕗のとう

蕗のとうが出ていました! たった2株だったので、食べるのはあきらめました。 もっといっぱい出たら、食べられるのになあ…残念。

3.15馬酔木

いつのまにか馬酔木もほぼ満開です。 奈良の春日大社から志賀直哉旧居へ抜ける小径、いまごろは馬酔木の香りでむせかえるほどかも。 ひさしぶりに奈良へ行きたいなあ…という気持ちがムクムクなのは、テレビドラマ「鹿男あをによし」のせいです(単純)。

3.15花くそ

ハイ、これが真如堂でもらった「はなくそ」。 ようやく写真を撮りました。 「花供曽」と書きます。 これが真如堂のお菓子だったとは知りませんでした。 お正月に御本尊にお供えした鏡餅のおさがりを細かくして軽く焼き、黒砂糖をからめたのがはじまりだそうです。 サクサクとした軽い食感、さらに黒砂糖の風味が控えめで、おいしいですよ。 仏さまへのお供え物を「花供御(はなくご)」と呼ぶところから命名されたといわれているとか。 江戸時代の人がシャレで言い出したのかも…なんて想像するのは楽しいですけど、でもこのお菓子を店頭で注文するのはなんともいえませんよね。 「はなくそ、ください」だなんて(笑)。 母は田丸弥さんのお菓子をよく進物にしますが、「名前がイヤ」と言って「はなくそ」だけはセットされていても外してもらってます。 子どもの頃から「あのお菓子、おいしいのにな」と思いつつも、「はなくそ、欲しい」とはやっぱり言えなくて、なかなか食べられずにいました。
Category: 日々の記録

コメント

ターシャみたい。

ほんとに、今日は最高に気持ちの良いお天気でしたね。ずっとこんな日だと嬉しいです。庭仕事で時間があっという間に過ぎてしまったなんて、なんて素晴らしい1日なんでしょう。庭仕事とお針仕事を楽しみながら、愛犬、愛猫に囲まれ美味しい物を頂く…。ターシャ・テューダーは食いしん坊ではありませんが、私の理想の生活です。蕗のとうが芽をだすお庭って…!!最高ですね。はなくそ、絶対食べたいです(笑)

2008/03/16 (Sun) 01:41 | Takako #y4YySG7s | URL | 編集
遠い憧れ

Takakoさん、こんばんは。
ターシャさんの生活、憧れですよね。 絵本の仕事+美しい庭+趣味の手仕事+犬など動物いろいろ…想像しただけでウットリ。
でも、ウチの庭はほど遠いですよ。 なにしろ「家守綺譚」の世界ですから(笑)。 綿貫くんなら迷いなく蕗のとうを採って食べるでしょうね、ゴローと分け合って(犬が食べるのか?)。

「はなくそ」はスゴイ名前ですけど、素直な味のお菓子です。 シャレの分かる人ならネタになりますよ、たぶん。

2008/03/16 (Sun) 23:03 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する