2008桜散歩3

「今まで行ったことがないところで、静かにお花見ができるところへ行きたい」という母のリクエストにこたえて、いろいろ調べてみました。 静か=観光客がいない=観光としての面白味はない…けど、雰囲気がいいところということで、寺町今出川を上がった(=北へ行く)ところにある本満寺をのぞいてみました。 ワタシたちの前を歩いていた、おばさん二人連れも何かのパンフレットを手に訪ねていくところのようで、近頃じわじわ知名度が上がってきているみたいですね。

4.5本満寺1

残念、ほんの少し遅かった。 庫裏前の大きな枝垂れ桜は散り初めでした。 咲きはじめはもっとピンクっぽかったんでしょうねえ。 ああ、見たかったなあ。 大きな枝垂れ桜の下に立って見上げる花、ステキでうっとり。 はらはらと花びらが散るのをぼんやり眺めている、呆けたようなのどかな時間は春そのもの。 最盛期ではなくても、桜の気分を満喫しました。

4.5本満寺2

目の前に、桜の暖簾。 春の風に揺れて風流です。

4.5本満寺3

門の外から見ると、手前に山桜、塀の向こうに枝垂れが重なって見えてきれい。

4.5本満寺4

門前の小さなお社は満開の山桜に囲まれていました。 若い頃は華やかな染井吉野ばかりに目がいっていたけど、だんだん山桜の楚々とした愛らしさもいいなと思うようになってきました。

次は千本鞍馬口にある上品蓮台寺へ。 こちらのお寺はよく写真集に載っていて、ずっとどこにあるのか気になっていました。 このあたりにはまったく用事がなくて来たことがありませんでした。

4.5上品蓮台寺1

門を入ったところにある枝垂れ桜はすでに葉桜。 いまは紅枝垂れが見頃を迎えようとしていました。 染井吉野とのコントラストがきれい。

4.5上品蓮台寺2

アップで見ると、すごく色が濃くてカワイイです。 今日は暖かかったので、明日はもっと咲くかも。

4.5上品蓮台寺3

最後に振り返ってみたら、葉桜と満開の染井吉野の風景もなかなかに美しくてパチリ。 近所のおばさんがふたりで、墓地の入口にある満開の染井吉野の下に座って楽しそうにおしゃべりしてられました。 羨ましい特等席。

どちらのお寺も観光寺院じゃないので拝観料がいらないのが、地元の人間には嬉しい限り。 観光客の雑踏からも、お土産物屋さんが乱立する猥雑さからも遠く離れて、地元の人が思い思いに桜を楽しめる場所でした。

桜はとてもきれいでしたが、観光の方にはおすすめしません。 特別な由来やみどころがなくて、主要な観光スポットから離れているので、わざわざ時間をかけてマニアックに訪ねていくほどのことはないと思います。 こんな風に桜がきれいなお寺や神社って、探せば日本中のどこにでもありそうですから。 京都に住んでいて「どこかきれいな桜はないかな? できれば無料で見られるところで」という方は、ぜひ行ってみてください。 しみじみ静かに楽しめますよ。

【追記】
すみません。 昨日、上品蓮台寺の場所を間違えて表記しました。 正しくは「千本鞍馬口」です。 記事を訂正しました。 コメントをくださった地元娘さん、ご指摘をありがとうございました。 この記事を読んで道に迷われた方がいらっしゃったら、申し訳ありませんでした。
Category: 日々の記録

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/04/06 (Sun) 18:32 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する