仕事のやりがい

完全な広告仕事を受けてしまったことを後悔した日。 蓋を開けてみれば当初聞かされていたよりもずっとずっと文字数が多くて、いろいろ気を使わなくてはいけなくて、さらに納期が厳しい…ほとんど詐欺にひっかかったも同然な気持ちです。 広告ってスゴイ金額を取ってるのに、どうして実際に仕事をする人間にはこんなにちょびっとしか支払われないんだろう? これで依頼者の感じが悪かったら「こんなにキツイ仕事をこんなギャラでやってられるかッ!」と仕事を終えた暁にはすごんでやりたいところですが、電話でお話ししたところは普通というか代理店にしてはまともな方なので、怒りの持っていき場がない。 金欠だからと弱気になって引きうけてしまった自分にイライラ、肩はコリコリ鉄板状態に。 やっぱりコピーライターにはなりたくもないし、実際なれないことがはっきりいたしました。 あ~明日一日で書けるとはとても思えない…でも、明後日はお茶に行きたいから必死でなんとかこなすしかないのね。 明日がコワイ。 とりあえず今夜はビールをクーッと飲んでバタンと寝て、明日の朝(正確には数時間後)から気合いを入れ直してがんばろ。

6.9雨の紫陽花

仕事の合間に、就職して実家を離れた姪にひさびさに電話をかけて生存を確認。 仕事がたいへんで、入社前に期待していたような仕事内容ではなくて、かなり心身ともに疲労困憊している様子で、仕事の電話の合間に長電話して、たっぷり愚痴を聞いてあげました。 自分から弱音を吐く子ではないから、こちらからあれこれ尋ねてゆっくり話を聞くこと小一時間。 励ましたり相談に乗ったりするのは精神的に結構たいへんで、肩こりがさらにひどくなってしまった。 心の中にたまったモヤモヤを吐きだして、少しはスッキリできたかな。 仕事のやりがいってなんなのでしょうね?

テレビでは通り魔事件の報道が繰り返されていますが、先日のOL失踪バラバラ事件とか…なんだかもうそういう恐ろしい犯罪のことは聞きたくない。 人がどのように殺されたのかをニュースとして、朝も昼も晩も、ご飯を食べる時間帯に繰り返し繰り返し流すのはどうなんでしょう? 知る権利ってそんなにも大切なことなんでしょうか?(ワタシは知りたくない) そんな恐ろしい事件のことばかり聞いていると、感覚がどんどん麻痺してしまうのではないか…と、子どもたちへの悪影響が気になります。 というか、大人だって神経がだんだんヘンになりそうです。 
Category: 日々の記録

コメント

vogelさん、おはよう!
フリーで仕事するっていうことは大変なのね。
ちょっとしたアルバイト感覚でやってる私ですら、割に合わないと思うときがあるけど、vogelさんの場合は自分の生活に直結するんだもんね・・・。

これが、広告関係とのつながりの一歩になるとか、なにか得られることがあればいいのだけど。
今日は1日執筆作業に追われるのかな。

それから、最近のニュース報道。
正確に必要な事実を伝えるということのほかに、ゴシップ色が強くなりすぎてるんだよね・・・。

2008/06/10 (Tue) 07:53 | こころ #- | URL | 編集

こころさん、こんばんは。

お金がない!と常日頃から嘆いているんだったら、暇な時間を利用して収入が得られる広告の仕事も受けないとダメかな…と弱気になって、つい受けてしまいました。
でも純粋の広告って、やっぱり生理的に合わないんです。 頭で「お金を稼ぐためには、ちょっとくらいは我慢しないと」と納得しようとしても、カラダが嫌がって肩がコリコリ。 もう少し器用に切り替えができる方が収入が安定していいんだろうけど(ため息)。

というわけで、広告コピー書きはやる気がしない…けど、依頼者には電話応対だけで気に入られてしまったみたい。 「これからもよろしく」なんて言われて、う~ん…(困惑)。

ニュース報道については、こころさんの言うとおりゴシップ風の取りあげ方に違和感ありますよね。

2008/06/10 (Tue) 22:43 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する