野鳥を愛する人に 串田孫一「鳥と花の贈りもの」

ふと手にとった串田孫一の随筆集「鳥と花の贈りもの」は、どうしても欲しくて衝動買い。 毎晩、眠りに落ちるまで、小さな子どもが絵本を眺めるように楽しみました。 一気に読んでしまうのがもったいくて、少しずつ少しずつ。 串田孫一の文章は初めて読みましたが、古風で味わいがあって、でもけっしてこむずかしいような感じではなくて、ひと言ひと言が心に静かにしみわたる大人のための文章でした。 本の帯には「野鳥随想集」とあります。 ネットで取り寄せるのもいいけど、本屋さんの店頭でピンとくる本に出会えて、それが本当に自分の好みだと、それだけですごく幸せな気分。

6.28鳥と花の贈り物

装丁も素敵です。 鳥や花はご本人のスケッチだそうです。 うまい下手じゃなくて、ほんとうに鳥が好きな人なんだということが伝わってきます。 なかはすべて1見開きのレイアウトで、右に文章、左に写真(撮影・叶内拓哉)。 1ページで完結する、ごくごく短い文章が、左の写真とリンクするような内容になっています。 写真をみて、そこからイメージをふくらませて書いたようです。 ずいぶん高齢になってからの仕事なので、実際に山を歩いたり、野山で偶然に写真と同じような情景に出会ったりはしていないのでしょうが、創作だとか真実だと、もうそんなことはどうでもいいような文章世界が広がっています。 この本は大切に本棚に並べて、これからも繰り返しページを繰ると思います。 鳥や花、自然が好きな人に、おすすめです!

6.28擬宝珠

擬宝珠(ギボウシ)が咲き始めました。 ピンクとも紫ともつかない淡い淡い色合いが蒸し暑いジャングルのような庭では、ひときわ爽やかに見えます。

木曜・金曜とG8外相会談があったせいで、一日中ヘリコプターが飛んでるし、街中は1週間以上前から、驚くほどおまわりさんがいっぱい立っていて、ものすごく物々しい雰囲気でした。 とあるブログに「おまわりさんがいっぱいで、物騒ですね」と同僚がつぶやいていた…と書いてあって、思わず吹き出してしまいました。

■Takakoさん
いつも拍手と励ましの言葉をありがとうございます。 昨日の蜘蛛ですけど、よく考えてみるとレース編みのような白い糸が目立ってしまうのに…ヘンですね。 でも、今日そっとのぞいてみたら、鈍くさい羽虫がかかってました。 お食事タイムはちょっと見たくないかも。

コメント

贈りもの

串田孫一さん、良いですねぇ、ほんっとうに。
詩でも随筆でも良質な日本語を読ませてくださるし、たびたびラジオから聴こえていた声も柔らかでお人柄を感じる素敵な声でした。
大事にしたい本にめぐり合えてよかったですね。

Vogelさん、リンクありがとうございました。
HPへ繋いでくださったので、私もBlogと母屋両方で
貼らせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2008/06/28 (Sat) 10:22 | donau #tUnKcmU. | URL | 編集

donauさんは串田孫一さんの本をいろいろ読んでられたんですね。 ラジオも聞いてられてたなんて、いいなぁ。 ワタシはもっとむずかしげなことを書いている人だと勝手に思いこんでいて、今まで手にとらなかったんですよ。 読まずにいて損した…。

リンクをありがとうございます! 素敵に紹介してくださってて感激です。
やっぱりウチの庭は「家守綺譚」…みたいですか? 庭に生えているものが似てますものね。 いつまでたっても、うだつの上がらない綿貫くんが他人には思えません(笑)。

2008/06/28 (Sat) 22:29 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

こんにちは^^時々訪問しておりました。うららと申します。やわらな雰囲気のある良いブログですねぇ。串田孫一さんの本を読んでみたくなりました。

2008/06/29 (Sun) 19:18 | うらら #- | URL | 編集

うららさん、はじめまして!
ときどきのぞいてくださってたんですね。
初めてのコメントをありがとうございます。
マイペースで好きなことを書いている備忘録代わりのようなブログですが、楽しんでいただけたらとても嬉しいです。
うららさんのところへも、お邪魔させていただきますね。

串田孫一さんの随筆は自然に向ける温かなまなざしが心地よかったです。 機会があれば、手にとってみてください。

2008/06/30 (Mon) 14:43 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する