江戸時代案内書 杉浦日向子「大江戸観光」

暑くてだらんだらんしている上にオリンピックが始まって、読書もハンドメイドも長期停滞中。 このあたりで、ずしんと読み応えのある長編を読んでみたいのですが、気力が衰え気味のときは勘が鈍っていて「店頭で何げなく手に取った本が大当たり!」なんてことは起こりそうもなくて。 仕方なく軽いエッセイや短編集ばかり読んでいます。

杉浦日向子は初めて読んだ「一日江戸人」がめっぽう面白くて、亡くなられた後に杉浦さんの本に出会ったのがとてもとても残念に思えました。 で、本屋さんで「大江戸観光」という文庫本をみつけて購入。 杉浦さんの本は何冊か読みましたが、う~む、やっぱり最初に読んだ「一日江戸人」が一番好きだなあ。 最初に読んだ本があまりにも好みにぴったり合い過ぎると、そのあとで手に取る同じ著者の本がどれも満足できなくなってしまう…そういう状況になりかかってます。 読む順番が違ったら、この本がもっと楽しめたかも。


8.22大江戸観光

「大江戸観光」は「はとバスに乗ったつもりで、江戸の街をご案内。 江戸の空気を気楽にお楽しみください」というノリで書かれています。 杉浦さんがまだ漫画を描いていた若いころに、いろんな雑誌に掲載された短文を集めたものです。 そのため日本語の表現がまだこなれていなくて、内容の深さに合っていない感じがしました。 全体としても「寄せ集め」という感じは否めません。 一番おもしろかったのは、江戸時代の不良。 服装やまゆ毛の整え方が現代と不思議なほど似た感覚で驚きました。 おもしろすぎて眠れなくなることもないし、かといって退屈でもなく、適度なところで眠くなる…暑くて眠れない夜に読むのにぴったりの本でした。

8.17芙蓉

もう芙蓉が咲き始めました。 毎日こんなに暑いのに、季節はゆっくり移り変わりかけているようです。 そういえば、日が暮れるのがずいぶん早くなりましたよね。

今夜はものすごくひさしぶりに涼しい(といっても室温は27℃)。 月が冴え冴えとしていて、どこかでかすかに秋の虫が鳴いています。 今夜は熟睡できるかな。
Category: 杉浦日向子

コメント

大文字の映像はテレビで少しだけ見ることができました。しみじみしますね。

本当に、お盆が過ぎたらあっさりとこんなに?と思うほど昨日は涼しい一日でした。
一日限りでしたけれど。
でも、秋を心待ちにしながらも、暑さにだんだん力が無くなってゆくのは、さびしいなと毎年思います。

2008/08/18 (Mon) 21:00 | donau #tUnKcmU. | URL | 編集

donauさん、こんばんは。

大文字の送り火は、なぜだかしんみりします。
子どもの頃に送り火を眺めると、必ず「ああ、夏休みももうすぐ終わっちゃう。でも、宿題がぜんぜんできてない」と落ちこんでいました。 「送り火=夏の終わり」という感覚は小学生時代の名残りかも(笑)。

それにしても、ほんとうにたった1日だけの涼しさでしたねえ(ため息)。
秋が大好きなので「早く涼しくなって」と願う毎日ですが、晩夏のちょっと寂しくて物憂い感じも味わい深いですよね。

2008/08/19 (Tue) 00:50 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する