知らない町へ

今日も蒸し暑かった~。
昨夜は、仕事の相談が長びいて深夜2時帰宅。
なのに、朝早くから一人きりで外仕事。 知らない町をひたすら歩いてきました。
ぎりぎり日帰りできるほどに遠いところ。 たった1両のローカル線で。
最近、仕事仲間が同行してくれるパターンが多かったので、まったくの一人きりは
とてもひさしぶり。 お昼を食べるヒマもなく、めいっぱい歩いて疲れ果てました。

で、だ~れも降りないようなローカル線の駅で途中下車。
飲み物の自動販売機もないし、トイレを開けたらものすごい蚊の大群が…ギョヘ~ッ。
恐怖で叫んでも誰もいない駅で、次の電車が来るまで1時間。 跨線橋の階段に座って
草が生えたホームを見ながらボンヤリ。 蛙の声、蝉時雨、木のざわめき
聞こえてくるのはそれだけ。 夕暮れていく空を見ながら、人恋しい気持ちになるの
ひさしぶりだな。 寂しいんだけどキライじゃないんです、こんな感覚。

これから仕事をどういう方向でやっていくのか、夕風に吹かれながら考えました。

0507140136_1.jpg 0507140140_1.jpg



Category: 日々の記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する