植物を買って、カメラに悩む

土曜日は母につきあって大丸の園芸売り場へ。 ずっと前から「植物を買いに行きたい」と言っていたのですが、81歳にもなるとひとりで出かけるのがおっくうになるようで、ワタシから「今日はじっくり植物を選ぼう」と誘いました。 デパートだと配達もしてくれるし、祖母が大のお気に入りだった大丸の園芸売り場をひさしぶりに徘徊。 寒風が吹く中、1時間以上もうろうろして、あれこれ買いこみました。 いつのまにか、ワタシの横で「この株がいいかな」と時間をかけて楽しそうに品定めしているおばあさんが祖母ではなくて母になっている事実に気づいて、内心ウルッとなりそうに。 80歳を超えたら、いつお別れのときが来ても仕方ないのだと覚悟をしておくべきなんでしょうね。 父の心臓の具合もあまりよくないらしく、検査入院が決まったし…立派な「老人」になってしまった両親と暮らしていると、なんとなく落ち着かないです。

園芸売り場へ行く前に、先日のpiaaさんからのアドバイスに従って、ちらっと四条のソフ○ップをのぞいてデジタル一眼レフカメラを偵察しました。 とっても小さな売り場なので売れ筋商品がちょこっとあるだけなんですが、もうそれだけでも十分って感じ。 なにがどういいのかさっぱりわからなくて。 店員さんがとても適切にあれこれ説明してくれて、頭の中がだいぶ整理されましたが、パンフレットをもらって帰って日曜日は一日中、どれにしようかと悩みまくったまま結論が出ませんでした。 でも、実機を触ってみるのは重要ですね。 ニコンはグリップの幅が大きすぎて、手が極小サイズなワタシには絶対に無理、ペンタックスは握ったときに変なところが手に当たる感触がイヤ(これも手が小さすぎるからでしょう)、ソニーは特色がなくてひかれず、キャノンのEOS Kissは可もなく不可もなくという感じで、結局、グリップが小さくて男性には持ちにくいくらいのオリンパスが手になじむようで気になりました。 でも、機種でまた悩んで…うむむ。 値段が思ったより1万円くらい高いのもなあ…CFカードやバッテリの予備を買ったら、もっとかかるし。 それにマクロレンズが欲しいけど3万円以上の追加になると…ああ…と身もだえ(笑)。 楽しいような苦しいような。

2.22植物図鑑

もうひとつ、欲しくて仕方ないのが植物図鑑。 庭に生えてくる雑草の名前を調べようとしても、なかなかわからないんですよね。 雑草図鑑を1冊買ったんですが、それだけではまだ似た植物の見分け方とか、わからない点が多いのです。 写真は、中学の入学祝いに祖父母が買ってくれた図鑑。 ほとんど活用していないまま死蔵していましたが、最近はぱらぱらページをめくっています。 いま見ると、挿画がすごくアンティークな雰囲気。
Category: 日々の記録

コメント

メーカーや機種もそうですが、レンズがまた問題ですよね。vogelさんが撮られるものでは鳥の写真などでズームの望遠側を使うと思うんですよね。なかなか近寄れないし小鳥だと被写体が小さいので、かなり大きな望遠レンズが必要そうな気がします。交換レンズは高いので、そこも思案のしどころですね。
ちなみに今までお使いのC-720UZは多分望遠側が35mm換算で420mmと相当大きいです。

2009/02/23 (Mon) 23:13 | piaa #- | URL | 編集

piaaさん、先日はアドバイスをありがとうございました。
ほんとうに実機を触ってみるのって大事ですね。 手が極小で軟弱なワタシには、小さなオリンパスが良さそうに見えました。

それにしても、あのデジカメの望遠って420mmなんですか!!(仰天)
遠くのものが大きく写るはずだ。 光学10倍ズームを35mm換算したら…ということを一度も考えたことがなかったです(汗)。

piaaさんのお言葉に従って、必ずしもレンズキットに縛られることはないなという気になったんですが、交換レンズが想像以上に高くてビックリしました。 花が撮れるマクロ+鳥が撮れる望遠があったらいいなあ…と漠然と思っていたのですが、両方買ったらボディよりずーっと高くなってしまうことも改めて認識しました。 いろいろ考えながら、交換レンズのパンフレットを穴が開くほど見つめております。

2009/02/24 (Tue) 13:08 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する