不機嫌な30女がたどり着いたのは 絲山秋子「ラジ&ピース」

イッツ・オンリー・トーク」以来、ひさしぶりの絲山秋子です。 「イッツ・オンリー・トーク」がいまひとつだったから「読まなくてもいいや」という気になっていましたが、最新刊(?)の「ラジ&ピース」紹介文にひかれて図書館で借りました。

2.23ラジ&ピース

外見に強いコンプレックスを抱えている野枝は、30代前半のラジオ・パーソナリティ。 仙台で担当していた番組が打ち切りになり、契約社員として群馬へとやってきます。 誰とも接点を持たずに生きていこうとする頑な野枝が、縁もゆかりもない群馬で出会ったのは…。

自分がいかに人間関係に恵まれているのか気づこうとしない、気づいても目をそらそうとする主人公の頑なさにイライラしました。 しかし、常に不機嫌なイヤな女がほんの少しずつ、自分の居場所をみつけていく過程は不思議に心地よかったです。 ラジオのパーソナリティーという特殊な閉じた空間というか時間の中でだけ心が解放される感覚も、もともと人付き合いが苦手だったのに仕事を通して性格が変わった気がするワタシには理解できました。 主人公に苛立ちながらも、なぜだか後味はさらっと爽やかな小品。 絲山秋子の非常にとぎすまされた過不足のない文章のせいかな? 著者のアンチ東京中心主義の立ち位置にも共感して、読後の感想は少し甘めかも。

おまけのような超短編の中に、「男には替えがきくけど、友だちはそうはいかない」というくだりがあって、ホントにそうだなあと妙に納得したり。

2.24クリスマスローズ

母がどうしても欲しくなって買ったクリスマスローズ。 マグノリアという品種らしいです。 咲いたときは白っぽくて、だんだん深いチョコレートっぽい色に変化していくようです。 ずっと雨なので、買ってきた植物を植えられません。 でも、植物にとっては気持ちのいい雨なのかもしれませんね。 花粉症のワタシにとっても楽なはず…だったんですが、前日に出歩いてたっぷり花粉を浴びたせいか、今日になってくしゃみ連発。 それでも、予防薬がすごくよく効いていて助かります。 薬が効きやすいってことは、この薬を服用しているときに、お酒を飲んだら前財務大臣みたいになってしまうのかも。 そう思って、花粉症の季節はいつもアルコール断ちしてます。
Category: 絲山秋子

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する