こてこてビーズ刺繍 「田川啓二の世界」展@美術館えき

月曜日は、JR京都伊勢丹の美術館えきで開催されている「田川啓二の世界」展のチケットが当たったので、ご近所友だちのRさんを誘って行ってきました。

4.13田川啓二の世界展

いや~なんかすごかったです。 みちみちにぎっしりビーズとスパンコールで埋め尽くされたドレスの数々。 なにもそこまで刺し埋めなくていいのではないかと思ってしまうほどでした。 余白の美といった感覚は一切なくて、どこまでぎっしり刺せるか挑戦しているかのようで。 チラシに載っているモネやクリムトの絵画を写しとったドレスだけでなく、古い着物地の模様部分にビーズとスパンコールを縫いつけた和風のドレスやビーズ刺繍絵画(というのかな?)もいっぱいありましたが、西洋人の目を通したジャポニズムといった感じで、どちらかといえばヨーロッパの古い建物の中に置いた方がしっくりきそうに感じました。 個人的に一番気に入ったのは、最後の世界の街シリーズ(タイトルうろ覚え)。 東京やロンドンをポップで楽しい図柄で表現したドレスで、実際に着用した場合に着る人をひきたてるのはこんなドレスなんじゃないかしら、と実用性を考えるところがすでに展覧会企画の意図と違うのかもしれませんけれど。 それにしても、これでもかっていうほどすごい刺繍を施したドレスの存在感に負けない人って、芸能人でなかったらどんな種類の人たちなんだろう?
*会期は4月2日(木)~22日(水)です。

4.13ピンバッジ

展覧会は予想以上にあっさり眺めて終わりでしたが、出口にある販売コーナーが危険でした。 狭い場所なのにぐるぐる徘徊してしまい、葛藤も空しく(笑)写真のピンバッジを連れ帰ってしまいました。 みなさん、鳥とかロボットとか靴とかキラキラ輝くカワイイものを選んでられる横で、渋いヤモリ(?)をセレクト。 別に、は虫類とか両生類とかが好きってわけじゃないんですが、ぽってりした体つきと指先が妙にかわいくて。

観光客でごった返す京都駅を早々に離れて、四条烏丸周辺でゆっくりランチ&お茶をしつつ、しゃべってしゃべってしゃべってしゃべって(笑)。

4.13塩キャラメルプリン

お茶は室町仏光寺を上がったところにある「シトロン サレ」で。 迷いに迷った末に選んだ塩キャラメルプリンがとってもおいしかった! 大きさを見て「あ、小さいから物足りないかも」と一瞬思ったのですが、濃厚でとろとろっとしたプリンはキャラメルの味がしっかりしているから「食べた」という満足感がありました。 両親にもおみやげに買って帰りました。 280円となかなか手頃なお値段なので、やみつきになりそうな予感。

4.13八重桜

近所の八重咲きの桜が満開になっていて、しばし花の下に立って一人でお花見。 小学生のときから毎年眺めている桜です。 蕾の濃い色から咲ききった淡い色まで天然のピンクのグラデーションはなんてきれいなんでしょう。 出かける予定だったから一眼レフを持っていなかったのが残念でした。
Category: 展覧会

コメント

初コメおじゃまします

とても素敵な写真、おしゃれです。
東京在住の私はいつも京都を夢見ています。
お土産も、お茶もなんかとっても素敵です。
よろしければ相互リンクをお願いできませんでしょうか。
よろしくお願いいたします

2009/04/14 (Tue) 22:43 | のりー #z8Ev11P6 | URL | 編集

のりーさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。
のりーさんのブログにおじゃましたんですが、京都だけをテーマにしておられるのですね。
実は、ワタシは京都を前面に押し出したくない気持ちなんです。 いつも読んでくださっている方だけに分かる程度に、曖昧にしておきたいと考えています。
そのため、相互リンクの件は本当に申し訳ないのですが、ご希望に添えません。
せっかく言ってくださったのに本当にゴメンナサイ。
ひっそりこっそり日記として書いていたいのです。 ご理解ください。

2009/04/18 (Sat) 01:32 | vogel #9JN9NMwM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する